ホストクラブの役職とは。

たくさんあるホストの役職について知ろう

ホストクラブには代表取締役、支配人、プロデューサー、ディレクター、幹部、幹部補佐、店長、主任、副主任、と他にもたくさんの役職があります。 この役職には階級もあり、基本的にはお客様からのウケのスレータスが目的になっています。 今回はこの役職・仕事内容その他の疑問について紹介します。

オーナー

社長と兼用の店舗とそうでない店舗もあります。 スタッフ同士のトラブル対応、イベントの考案を行います。

プロデューサー、ディレクター

元々代表をしていた人たちが裏方でホストの教育、店のイメージ作りなどを行います。

幹部

ナンバー上位で成績を上げているホストが任命されます。 勤務態度も良く、後輩のお手本になるホストがなっています。 キャストの悩みや相談を聞き店舗運営を学びます。

幹部補佐

次期の幹部の候補。ナンバー入りし始めてきたホストで勤務態度が良いホストが幹部補佐に任命されます。 チームの補佐を果たし、幹部への昇格を狙います。

その他の役職

役職や役割は各店舗ごとにつけられています。 店舗よって役職名も役割も変わります。

役職が付いている人を指名

現役のキャストであれば指名できます。 また、指名料は他のホストと変わりません。店舗によっては指名料が変わってくるお店もあるかもしれないので確認してみましょう。
また、キャストを引退しており内勤側に回っている人でも指名できる場合があります。 いつもは対応できないので条件付きで指名できる場合があります。 来店時に確認してみましょう。

まとめ

各店舗によって役職の呼び方、役割が変わってきます。 役職が付いているから…と他のホストと違う接し方をしなくてもいいのです。 何度か通っている、通いたいお店ができたら機会を見て話しかけ仲良くなってみてはいかがですか?