総売り?小計? ホストの給与システムを解説します!

ホストクラブの給与システムについて、募集要項見ても未経験の方はわからないですよね? そんなちょっと独特なホストの給料について紹介します。ここに掲載されている情報は一般的な給与システムですので、当てはまらない店舗もあることをご注意ください。

一般的な給与体系について

まず売上の無いホストは日給制や時給制がほとんどで売上に応じて少しずつ歩合が付きアップしていき、売上が50万や60万などある一定の水準を超えると完全歩合制になります。日給は6,000円〜12,000円くらいが一般的なようです。またホストクラブは賞金と言って各店独自のインセンティブを数多く用意しているのも特長です。

総売り計算の歩合について

「総売り計算」という歩合の計算方法についての説明です。この計算方法はすごくわかりやすくて、お客さんの使った金額の合計が自分の売り上げとして計算します。例えば総売り50%のシステムでは、300万の売り上げなら150万が給料になります。パーセンテージは店舗によってまちまちで40%〜60%くらいが一般的なようです。

小計計算の歩合について

「小計計算」という歩合の計算方法についての説明です。ホストクラブでは小計とは税金がかかる前のお会計の意味で、店舗の消費税+サービス料が40%の場合には、小計金額は30,000円だと、お客さんが支払う金額(=ホストの総売上げ)は42,000円となり、この時の小計売上げは30,000円となります。店舗によっては指名料は100%バック、セット料金(テーブルチャージ)は小計に含まないなどの場合もあるので、小計計算を採用している店舗では事前にシステムを十分に把握するように心がけましょう。小計計算を取り入れている場合にはパーセンテージは70%や80%など高めの設定が多いようです。

総売りと小計どっちがいいの?

結論から言うと正解はありません。ホストクラブは店舗の数だけ給与システムがあるので面接で気のすむまで質問することをお勧めします。小計のほうが計算が複雑な場合があるので計算に自信が無ければ総売りの店舗の方が向いているかもしれません。小計計算の店舗は賞金に力を入れている場合が多いので、モチベーションは高く維持できるかと思います。

その他の給与

店舗によっては幹部手当、ボーナス、皆勤手当、寮費負担などを支給してくれる店舗もありますので是非ホストルを使って吟味してみてください。